​伊藤 翔

執行役員兼CTO

これまでの経歴について

大学時代にFlashやProcessingを学ぶ機会があり、そこでプログラミングに興味を持ち始めたこと、小さい頃からモノづくりに携わる仕事がしたいと考えていたので、ソフトウェアエンジニアを目指しました。

金融系のSIerやWeb系の受託会社を経験をする中で、自社サービスをつくりたいと思うようになり、Supershipに入社しました。Supershipではコミュニティサービスである「アンサー」やメディアサービスである「nanapi」の開発に携わりました。
2017年にグループ会社であったコネヒトに出向し、「ママリ」のAPI開発や「ママリプレミアム」の立ち上げを経験しました。そして、リードエンジニアや開発部部長を歴任し、2019年6月にCTOに就任いたしました。

コネヒトに入社した理由

入社を決めた理由としては大きく二つあります。
一つは「ママリ」というコミュニティサービスに魅力を感じたからです。Supershipで前述の「アンサー」というコミュニティサービスの開発をしていたこともあり、元々コミュニティサービスが好きだったのですが、特に「ママリ」は生活に根ざしたサービスであり、社会インフラになり得るポテンシャルを持っている点が非常にやりがいがあると感じました。

もう一つは「人の生活になくてはならないものをつくる」というミッションに、きちんと取り組んでいると思ったからです。ただ単に耳障りの良い言葉を掲げるだけではなく、そのミッションについて全員で考えるワークショップや制度があり、組織としてミッションに本気で向き合っている点に感銘を受け、入社を決意しました。

コネヒトの開発組織について

ユーザーのことを考えながら、プロダクトをつくるのが好きなメンバーが多いと感じています。ディレクターから言われたことだけをやるような環境ではなく、企画段階から一緒に議論したり、時には自分たちで企画をしたりすることが多々あります。それが出来るのは「技術は手段」という考えが開発組織全体に文化として根付いているからです。ですので、ユーザーのためにならないと判断した機能であれば、あえて「つくらない」ことや「壊す」という意思決定をすることもあります。

また、変化を楽しめるメンバーが多いので、スクラム開発にスクラムマスター輪番制を導入したり、新しい技術を積極的に導入出来たりするのも特徴の一つかなと考えています。Slack Botや社内ツールも内製することが多く、プロダクトのユーザーだけではなく、社内の仲間を支えている開発組織だと自信を持って言えます。

今後チャレンジしていきたいこと

「ママリ」のフェーズとしては、10を100にする段階だと思うので、まずはしっかりと技術でビジネスに貢献していきたいと考えています。GoogleやNetflixなど、いわゆるエンジニア的にイケていると一般的に言われている会社はビジネス自体も成功しているので、まずはそこに対して、バリューを継続して発揮していきたいと思っています。

一方で、これまでコネヒトはたくさんのOSSを利用したり、技術コミュニティからの知見を得たりすることで発展することが出来ました。ですので、Give&Takeではないですが、今後はよりOSS貢献や我々が得た経験や知識をきちんと技術コミュニティに還元していきます。これまでもアウトプットは推奨してきており、OSSコントリビューターも多いですが、よりそれを強化して、技術コミュニティになくてはならない開発組織にしていきたいと考えています。エンジニアも随時募集しているので、少しでも興味がある方はお気軽にオフィスに遊びに来てください!

もっと話を聞いてみたい方はこちら!

Wantedly