​宮崎 拓海

執行役員兼コーポレート部部長

これまでの経歴について

2006年4月、新卒で株式会社リクルートに入社し、求人広告の営業を経て商品企画部門に異動。その後は中途採用媒体の新商品売り方開発、大型就職イベント企画担当などに従事いたしました。
2010年4月、株式会社ロケットスタート(後の株式会社nanapi)に取締役COOとしてジョイン。営業、商品開発、人事などの領域を管掌し、2014年11月にM&Aを経てKDDIグループ入り。
2015年11月、KDDIグループ傘下の株式会社nanapi、株式会社スケールアウト、株式会社ビットセラーの3社合併によるSupership株式会社の設立に伴い、nanapi社取締役を退任。
Supership社にて、組織開発の立ち上げ、新卒採用の立ち上げなどを担当した後、2016年6月に同社がM&Aしたコネヒト株式会社の組織面のPMIを担当。この時の縁から、2017年10月にコネヒト社へ出向し同年12月、コーポレートの責任者として組織面を支え、2019年6月執行役員に就任いたしました。

コネヒトが持つ魅力

コネヒトが持つ最大の魅力は、目的(ミッション)が優れていることです。私たちが展開するママリ事業は、「少子化」や「女性の社会進出」など、日本が抱える大きな課題に正面から向き合うものです。自らの仕事で社会を良くしたい、またその貢献を実感したいという人を惹きつける大きな力を持っています。

この優れた目的が持つポテンシャルをさらに引き出したい。そう考えて私はコネヒトへのジョインを決めました。

仕事内容について

コネヒトには、素晴らしい組織文化があります。

「ミッションを大切に、考えつづけること」
「目に見える課題を他人に預けず、自分たちのものとして捉えること」

私がジョインした頃から、これらは文化として存在していました。「目的思考」「リーダーシップ」とも言い換えられるこの2つの重要な文化を、今以上に発展させ、組織の熱量を引き上げることが私の仕事です。

ひとつの例ですが、コネヒトは個人目標設定のためにとても多くの時間を費やします。大上段のミッションと自分の目標を線でつなぎ、意義を感じてもらうためです。

経営が掲げる目的を、どのような言葉と物語で紡ぐべきか。みながその物語に感情移入するために、何をするべきか。自分の仕事と目的のつながりに、実感を持てるか。

こうした問いの1つ1つを放置せず、全てに細かく施策を投じています。多少時間をかけすぎなところもあるかなと感じますが、そのやりすぎているかなという違和感こそが、文化を発展させるために必要なことだと信じています。

今後チャレンジしていきたいこと

これからのママリは新しいソリューションや、新しいマネタイズモデルなど、挑戦が続きます。こうした挑戦に立ち向かえる強いカルチャー、組織を作ることもまた、挑戦だと思っています。

また、私たちが向き合う目的について、雇用という形だけにとらわれず、社外の様々な方々と共有していきたいと考えています。例えば、産休育休による女性のキャリア空洞化をどう考えていくかといった話は、私たちの会社が持つ課題であり、ママリの向き合う課題でもあり、日本の課題でもあります。社外の方々と一緒に思考し、議論するような機会を作っていきたいと考えています。多くの方とお話できることを楽しみにしています。

もっと話を聞いてみたい方はこちら!

Wantedly