3,000人に対し2,500種類以上、家族の数だけある子どもへの想い〜名付けにみる家族像の多様性〜

コネヒト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 北吉 竜也、以下「コネヒト」)は、「あなたの家族像が実現できる社会をつくる」を新たなビジョンに掲げ、多様な家族のあり方を想像し、あらゆる家族の姿が実現できる社会作りを目指し、「家族を話そう」を合言葉に、社会の様々な場所で家族を話す機会の創出と増幅に注力しています。

親や家族が様々な想いを込めて行う子どもの名付けは、まさに「家族を話そう」を体現したプロセスであり、子どもの名前は家族像の多様性を表現したものと捉え、コネヒトでは2020年に子どもを出産した母親を対象に「子どもの名付け調査」を実施しています。最終的な調査結果は、2021年4月に公開予定ですが、名付けという家族を話すプロセスが、いかに家族像の多様性を物語っているか、速報値を通じてお知らせいたします。

子どもの名付けにみる家族像の多様性

出産という家族にとっての大きなライフイベントを通じて、親は子どもに名前をつけるという大きな意思決定を行います。その名前は、親がそれぞれの家族の過去を振り返り、家族の未来を想像した上で、子どもの未来への期待を表現したひとつの家族像です。

コネヒトが実施している子どもの名付け調査によると、2020年に名付けをした3,000人の子どもの名前の読みは、男の子の名前で499種類、女の子の名前で490種類、ひらがな、カタカナ、漢字という表現を考慮すると、男の子の名前で1,056種類、女の子の名前で1,094種類でした。男の子の名前でもっとも多かった読み「はると」を選んだのは2.5%に過ぎず、女の子の名前でもっとも多かった「つむぎ」も2.2%に留まりました。

男の子でもっとも多かった名前は、「いつき」や「たつき」と読まれる「樹」で、選んだのは全体の0.9%。女の子でもっとも多かった名前は、「ひなた」「ひまわり」「ひまり」「ひな」などと読まれる「陽葵」で、全体の1.2%に留まりました。男女ともに、もっとも利用頻度の高い名前であっても、100人に1人の重複率という結果になりました。

名付けには、「コロナ禍で暗いニュースが多い中、お腹の赤ちゃんが唯一明るいニュースをもたらしてくれた」という時事的な要因や、子どもの祖父母を含めた家族の想い、将来海外に行っても苦労しないような発音への配慮など、多様な家族の想いが込められていました。また、「つけたかった名前は人気なようで諦めた」などといったユニーク性を求めた名付けも多く、子どもの未来に込めた家族像が実に多様であることがわかりました。

「家族を話そう」の今後の展開

名付けがそうであるように、「家族を話そう」という行動の先には、多様な家族像が存在しています。ところが、名付けのように、家族が家族の未来の姿について向き合う機会は決して多くはありません。この「家族を話そう」という行動を、夫婦間、家族間、家族と企業、家族と行政、そして社会全体に広げることが、家族の数だけあるべき未来の実現と、「あなたの家族像が実現できる社会をつくる」というビジョンの実現につながると考えています。

コネヒトでは、「家族を話そう」を合言葉に、家族を話すきっかけと場所を社会の中で増幅することで、家族像に対する社会全体の想像力と課題感を底上げすることに注力し、多様な家族像に向き合うため下記の展開を進めてまいります。

  • 「家族を話そう」を促す様々な企画の実施
  • 「家族を話そう」に紐づく調査の実施と共有
  • 「家族を話そう」を広げるためのメディア構築

コネヒト株式会社について

コネヒト株式会社

「あなたの家族像が実現できる社会をつくる」というビジョンを掲げ、「家族を話そう」というキーワードをもとに家族像の多様性を実現するための活動に日々取り組んでいます。「家族像」という概念は、抽象度、個別性や変動性が高いものですが、まずはこれまで運営してきたママリが活かせる「子どもを望む家族」の家族像実現に向け、「育児の悩み」「家計の悩み」「不妊の悩み」を解決課題を設定し、取り組んでいます。また、並行して「社会の意識」も変革していきたいと考えています。

私たちは、日々家族を学び、行動を繰り返し、時に志を共にするパートナーのみなさんとともに社会を前進してまいります。
https://connehito.com

設立: 2012年1月
代表者:代表取締役 北吉 竜也
所在地:東京都港区南麻布3-20-1 Daiwa麻布テラス5階

提供サービスについて

提供サービス

ママ向けNo.1アプリ(※1)「ママリ」を軸に、ビジョンステートメントである「あなたの家族像が実現できる社会をつくる」ために家計、不妊、育児の悩み解決および社会の意識変革を行ってまいります。

〈育児〉
■2019年に出産した女性の3人に1人(※2)が会員登録しているコミュニティアプリ/情報メディア「ママリ」
Q&Aアプリ https://app.adjust.com/mg2p0df_pnh375z
情報メディア https://mamari.jp
■パパとママが喜ぶ子供の遊び場は?子連れお出かけ情報「アチコチ」
https://achikochi.mamari.jp/

〈家計〉
■働く一歩を踏み出そうとしているママを応援する求人サイト「ママRework」
https://mama-rework.mamari.jp/
■家族の購買判断を支える「ママリ口コミ大賞」
https://award.mamari.jp

〈社会の意識〉
■ママが一歩を踏み出しやすい社会の実現を目指すママリの社会発信活動「変えよう、ママリと」
https://mamari.jp/change/

※1:妊娠中〜2歳0ヶ⽉の⼦供を持つ⼥性1,084⼈を対象とした調査より「現在使っているアプリ(妊娠・⼦育て系) をすべて教えてください」で第1位(2019年3⽉実施、調査協⼒:インテージ)。
※2:「ママリ」内の出産予定日を設定したユーザー数と、厚生労働省発表「人口動態統計」の出生数から算出。