執行役員 高橋 恭文

コネヒト株式会社 執行役員 高橋 恭文

これまでの経歴

地元に恩返ししたい想いから、地方創生・地方自治に興味を持ち、2001年神奈川大学法学部自治行政学科を卒業。日本におけるフリーペーパーの草分けかつ地元企業であった株式会社アルバイトタイムスに新卒入社し、求人広告営業からキャリアをスタート。その後、同社IPO、東京進出を機に首都圏に拠点を移し、2008年同社内で外食起業支援・定着支援事業を立ち上げる。

2010年に株式会社カカクコムにジョインし、『食べログ』のマネタイズ草創期から、チャネル責任者、ビジネスプロダクトマネージャーとして食べログの課金店舗拡大を行う。その後2014年にRetty株式会社にビジネス系1号目社員としてジョイン。執行役員、営業責任者として『Retty』のマネタイズ(0→10億円規模)を担当。 2018年にコネヒトに入社し、営業部責任者、社会発信担当、2019年より執行役員、現在は企画戦略室とES(就労支援事業)部を管掌。

コネヒトに入社した理由

家族はもちろん、地元のコミュニティーに育てられたことに感謝する「家族像」を持ち合わせて成長したことから、地元に恩返ししたい意志が強く、なんとなく、生活者向けの事業を通じて皆さんのお役に立ちながら、50代には地元の市長として政治というアプローチで恩返しする志向を持って生きてきました。40歳の時に、市長選を急遽検討する機会があり、改めて地元の方や、多くの方々との対話を通じ気付かされたことは、「生活者を便利にすることが市民の幸せ」であるという捉え方が、いかに自分のエゴであったかということでした。

長らく携わってきた求人サイトやグルメサイトを通じて提供していたものは、多くの機会創出でしたが、多くの方が求めているのは、当たり前であり続ける日常であり、次の世代にその当たり前を提供し続けることでした。 そんな時に、「家族像」をテーマにまずはママ × 出産・育児という領域で『ママリ』を運営するコネヒトに出会い、「家族像」という普遍的なテーマを掲げた事業に携わりたいと思いジョインしました。

次の世代に向けて「家族像」を軸に事業を展開するということには、事業の持続可能性や社会的責任、その社会的意義を深く思考することが必要不可欠です。コネヒトは、スタートアップのスピード感、社会にサプライズを起こしていこうというチャレンジ精神とやりきり力と、KDDIを親会社とする大企業の良さである、まさに「肯定から始めよう」という安心感、安定感、そして何より社会的責任を掛け合わせた組織になっていくのではと考えました。短い時間軸の成果にワクワクしながらも、長い時間軸での志にどっしりと構え責任を果たす。そんな、仕事ができる環境であると思っています。

今後チャレンジしていきたいこと

「#家族を話そう」これを広めていくことです。

家族領域に取り組みだして感じたことは、まず、「家族」「家族像」にコミットしている会社や企業が多くないということ。そして、「家族」が人間にとって普遍的なテーマであるにも関わらず、「個人」にとっての選択機会が多いあまりに「家族」単位で仕事を選んだり、モノを買ったりすることが難しいという構造が見えてきました。

また、社会の雰囲気においては、育児世代の特有の問題であると社会全体から区別され、非当事者の無関心と当事者の課題感との間に大きなギャップが生まれ、「社会の雰囲気」を悟った「家族の諦め」を生んでいるのではと考えるようになりました。

家族の一員として個人のキャリアを考えたり、それを会社と擦り合わせていくことよりも、家族単位で話せるようになったらいかに楽であろうか。もっと、明るく、気軽に、家族を話すことを広めていきたい。子どもがいない、結婚をしていない方々にも家族を明るく話すことを広めていきたいと思います。

具体的には、家族に寄り添った就労支援サービスや、企業が従業員の家族に寄り添えるソリューション、またそれらを自治体が後援するスキームなどの事業を展開し始めております。また、購買領域においては、安く機能的なものを必死で探すことよりも、自然とそれぞれの「家族像」にそったものが買えている世界を目指すべく、メーカー様や小売様と協業し購買体験をつくっていきたいと考えております。

みんなで家族を話していきましょう!